海外旅行とクレジットカードはとても相性のいいといえます。いろんな予約や支払いに加えて海外旅行の保険付帯サービスのついているクレジットカードまであるので使わない手はありません。私も海外旅行に行ったときにさっそく使うことにしました。海外のホテルでチェックインするときにクレジットカードを提示すると安心されるようです。チェックアウトするときにそのままカード払いでもいいですし、現金払いをしてもいいようでした。次にレストランでもクレジットカードでの支払いもスムーズにできました。地下鉄などの乗り物のチケットや回数券を購入するにも利用できましたし、もちろんお土産の買い物なども普通に使えました。ただ、小さな商店の少額のものだけは断られたことがありましたが両替も小銭も発生しないのでとても便利でした。

独身時代に作成したクレジットカードをずっと使い続けています。作ったばかりのころは、ポイント交換というと、食品や雑貨などしか選択肢がありませんでした。また、ポイント交換を申し込んでも、到着まで時間がかかったことを覚えています。しかし、今では、ポイント交換先として、商品券や食事券なども多くなってきました。そして、アマゾンのギフト券とも交換が可能になりました。このアマゾンのギフト券については、リアルタイムで交換が可能です。これはちょっとうれしいことだと思っています。そして、ポイント交換をすれば、すぐにアマゾンで買い物をすることができます。とても便利でありがたいことだと思っています。ポイント交換の選択肢が広がったことはうれしいことだといえます。

リボの残高がずっと10万円を超えていました。最近、ようやく10万円を下回るようになりました。でも、毎月の元金の支払額はずっと1万円でした。なぜだろうと思ったら毎月、リボ払いの利用がないと残高が10万以下でもそのまま1万円になるのだそうです。てっきり残高が10万円以下になると支払いも自動的に5,000円になるものと思っていました。なので利用明細書を見ながら計算して、負担にならない程度に、月々の支払いのひとつをリボ払いに変更しました。私の利用しているクレジットカードでは1件ごとにリボ払いにするかどうか選択することもできます。例えば携帯電話の支払いのみをリボ払いへというのもできます。ネットのブログの利用料が200円くらいを毎月、支払っています。それをリボ払いにすることにしました。めでたく、月々の支払いが5,000円になりました。

皆さんはどれくらいのクレジットカード(以下クレカと略します)をお持ちですか?日本人は一人当たりの平均でどれくらいのクレカを持っているのでしょう。もちろん年齢や性別によっても差が大きそうですが...。中でも主婦の場合は、流通系のクレカを複数持っている人が多いのではないでしょうか? 年会費も永年無料だったり、最初の1年間だったり、次年度からの利用額に応じて無料だったり、さまざまです。買物した際の割引やポイント付与が優遇されるので、ついついクレカを作ってしまうのです。ところが近隣の店舗が閉鎖されたり、自身の引っ越しなどで、対象店舗から遠ざかると、そのクレカを使わなくなってしまいます。やがて1年に一度、月々100円程度わずかな金額ではありますが、年会費だけが引き落とされるようになるのです。永年無料は例外ですが...。私にもそんなクレカが数枚あり、一瞬、謎の引き落としを見つけると、そののことを思い出しては、退会しようかなと悩んでいます。

家計簿の管理が実は便利

私はお金の使いすぎを防止するために、家計簿をつけています。そして、何となくクレカで買い物をすると、使いすぎるというイメージがありました。しかし、最近クレジットカードを作って、使うようになったのですが、それは間違ったイメージだというのが分かりました。それは、クレジットカードは毎月利用明細が送られてくるので、使ったお金はしっかりと把握できるからです。事実、クレカを使うようになってからも、今までと変わらない出費でした。また、最近はネットで利用明細を見られるものもあるので、家計簿の管理を便利に行えるのもメリットですね。

私は就職するときに作った鉄道系クレジットカードで、普段の買い物で大きなものを購入するときなどに使っていたのですが、この前旅行に出かけたときには買い物だけではなく鉄道系ならではの特典が利用できることを知ってちょっと得しました。特に長旅になればなるほど恩恵を受けられるので私みたいな旅行好きにはとても相性の良いクレジットカードだとわかりましたし、もちろん普通に使っていても他の系統のものとも遜色ないどころかむしろメリットが豊富だから、これからはカード払いで得する場面を探して積極的に利用していこうと思っています。

現金を忘れても大丈夫だった

先日仲の良い友達と町でばったりと出会い、結果飲みに行く事になりました。私たちが入ったのは、大手居酒屋チェーンでした。そこでは、楽しくお酒が飲めたので、とても満足しました。それから、私は大変テンションが上がっており、その会計分は私が払うといいました。友達も初めは遠慮していましたが、説得の結果支払いは私がする事になりました。しかし、財布を見ると現金が2000円しか入っておらず、私の顔が真っ赤になりました。プライドを捨て、友達に足りない分を出してくれと言い掛けたときに、財布の中のクレジットカードに目に入りました。私はクレジットカードは持っていますが、普段滅多に使わないので存在を忘れていました。そのため、そのカードで支払いを行い、友達の前で恥ずかしい思いをしなくても済みました。

近頃は、お店や企業がポイントカードと一緒に使える昨日のクレジットカードを沢山発行しています。ポイントカードみたいなお得な感覚で勧められるままに作ってしまう人も多いかと思いますがそれって、ポイントカードの顔をしていますがまぎれもなく「借金の元」をつくっているクレジットカードそのものです。ですので、せっかくゴールドカードを1枚持っている人が、何の知識もないお店のお兄さんお姉さんに勧められてフツーのカードを作るなど、実にもったいない話です。クレジットカードには「キャッシング枠」があり、今現在の自分の信用に応じて無担保でお金を貸してくれる限度額があります。カードが1枚から2枚に増えてもキャッシング枠は変わりません。カード1枚当たりの額はむしろ半減してしまいます。1枚より2枚持っている人の方が、キャッシングに走りやすくなるので信用度にリスクを負うことになります。

クレジットカードの枚数

クレジットカードを持っている人は多いですが、それぞれ何枚ずつ持っているか気になります。そもそも1枚で十分でないかという人もいれば、予備としてもう1枚で2枚ぐらいという人もいます。3枚以上所有している人は使い分けているのか、勧められてそのまま作ってしまったかわかりませんが管理がたいへんそうです。私は2枚ですが、以前は3枚まで持っていました。年会費もかからなかったので特に使わなくてもよかったのですが、あるとき次の更新から年会費が必要ということで解約しました。現在2枚使いですが適切な枚数だと思います。1枚をメインにして2枚目を予備的に利用しています。

永久不滅ポイント

セゾンカードを20年以上、愛用しています。生活するうえで現金が大いに足りている時には、カードをしばらく使わない時もありました。ですがシングルマザーになって4年。何かと欲しい物はあるものの、そんなに給料が良くないので、毎月の支払額を考えた上でクレジットカードに頼った買い物をしています。永久不滅ポイントで1度、ipodnanoを頂きました。今もポイントを貯めている最中で、一杯貯まったらダイソンの掃除機と交換したいと思っています。永久不滅ポイントで交換できる商品は沢山あって、しかもいい物がザクザク。夏休みには旅行の決済にクレジットカードを使うので、ポイントゲットチャンスです。早くポイント、貯まらないかな~。